• ホーム
  • リドカインスプレーは早漏防止に効果的

リドカインスプレーは早漏防止に効果的

早漏防止に効果があるといわれるキシロカインのスプレーは、有効成分のリドカインを含有している、表面麻酔薬の一種です。
注射針やレーザー照射、歯科治療などの痛みを抑える際に用いられる医療用の薬なので、安全性には何の問題もありません。

キシロカインのスプレーに含まれるリドカインには、神経膜の特定部位に作用し、知覚神経などを遮断して、痛みの伝導を抑える働きがあります。
早漏防止にも役立つので、そのために利用している方もいます。
リドカインは医療分野でさまざまな治療に用いられていますが、似たような働きをするものにテトラカインがあります。
リドカインはこれよりも毒性が弱いので、陰茎のような敏感な部位にも安心して使うことが出来ます。

なぜ医療用の表面麻酔薬が早漏防止に効果があるのかというと、リドカインを皮膚から浸透させると、麻酔効果により、皮膚感覚を抑えることが出来るためです。
このゆるやかな麻酔効果が、性行為の刺激による感度を抑えて、耐えられるようにしてくれます。
スプレーで有効成分のリドカインを陰茎に吹き付けるだけで、感覚が鈍るので、性行為で刺激を受けても、それほど興奮しなくなります。
ピークに達するまでの時間を延ばし、射精を長引かせることが出来るので、早漏の悩みを簡単に解決したい方におすすめです。
内服薬のように体調に影響することはなく、スプレーするだけで患部のみに作用し、感度を抑えて刺激に強くなれるので、早漏でお悩みの方にとって、これほど便利なものはないでしょう。
勃起力にはまったく影響しないので、これを使ったからといって、硬さが失われる心配もありません。
リドカインスプレーはガス噴射式なので、シュッと吹きかけても、周囲に飛び散る心配がありません。
狙った場所にスプレーできるので使いやすいですし、サイズも小さいので、カバンに入れて持ち運びしやすいのが魅力です。
インターネット通販を利用すれば入手できるので、早漏を防止したい方は購入するようにしてください。

リドカインスプレーの使い方はと副作用について

リドカインスプレーの使い方は、行為の30分ほど前に患部に適量を吹き付けるだけなので、初めての方でも簡単に使えます。
どれぐらい吹き付ければいいかについては個人差があるので、ますはスプレーを1回だけ使って試してみて、それで効果を実感できないときは、2~3回ほど吹き付けるようにしましょう。
人によっては1回だけでも十分に効果がありますが、陰茎全体にたっぷり吹き付けないと、効果を得られないこともあります。

全体的に感覚を鈍らせたいときは、先端から根元の隅々まで塗布するようにしてください。
先端部分だけで何とかなりそうと思うなら、局所的に塗布するのもおすすめです。
スプレーを吹き付ける際の注意点は、陰茎以外の陰嚢などの部分には、薬液がかからないようにすることです。
パートナーの皮膚や局部にも薬液がかからないよう、注意してスプレーするようにしましょう。
スプレー後に成分が浸透したら、そのあとはシャワーで洗い流すようにしてください。
なぜならオーラルの際に、薬液が口に入ってヒリヒリしたり、苦味を感じることがあるためです。
女性の膣内の感度を鈍くする可能性もあるので、成分が浸透し、効き目があらわれ始める10~20分後に洗い流すようにしましょう。

リドカインスプレーは飲むタイプの薬ではないので、副作用はほとんどないですが、リドカインやアミド型局所麻酔薬に対し、アレルギーのある方は使わないようにしてください。
使用中は、車の運転や危険を伴う機械操作は避け、湿疹などがある部位や、傷のある皮膚、粘膜には使用しないことが大切です。
人によっては、めまいやけいれん、アナフィラキシー、呼吸停止、意識消失、局所刺激、喉の痛み、神経過敏などの症状があらわれます。
このような副作用が起こったら、医師の診察を受けるようにしてください。