• ホーム
  • 使ったことのある医薬品は通販で買うと楽

使ったことのある医薬品は通販で買うと楽

医薬品は、医師によって処方されるものや自らが薬局へ行き、購入するものがほとんどです。
しかし、医師からの処方せんが出ないと買えない、つまりは症状が出てからでないと買えなかったり、わざわざ薬局まで出向かないといけないなど、様々なデメリットがあります。
ですが、医薬品は通販でも買うことができます。

通販を利用することで、今まで症状が出てからでないと買えなかった医薬品が手に入れられるようになり、ひどくなる前に服用することができます。
また、通販で購入することで、海外の薬を輸入する、いわば個人輸入も可能となります。
個人輸入した医薬品は自分自身で利用することのみ許可されており、輸入した医薬品を販売、人へ譲るという行為は違法行為とみなされます。
その他にも、個人輸入には注意点が多く、違法行為の可能性もあるので、近くの地方厚生局で薬事法に違反しないという証明の必要書類をもらうついでに、確認すると良いです。
完全な個人輸入の他にも、輸入を代行してくれるサイトもあります。
代行なので、自分で手続きをする必要がないため、通販感覚で輸入することができます。
面倒なことは全て任せることができるので、海外の医薬品を使っている人から人気です。
代行サイトを利用すると、日本の薬事法で承認はされていない医薬品を購入することがないため、どの医薬品が規制されているか自信がない人は代行サイトを利用しましょう。

しかし、医薬品を通販で購入する際のデメリットも当然出てきます。
それが偽物の流出です。
見た目はほとんど同じなのに、有効成分の量がわずかに違ったりする偽物が出回っています。
色が少し濃い、薄いなどの特徴があるものもありますが、本物と全く同じ見た目のものがほとんどです。
また、通販なので直接見れるわけではありませんし、薬剤師さんからの説明がないので、見分けることは困難になります。
そのサイトが本当に信頼できるのかを見極めて購入することが重要です。

医薬品の通販で偽物を販売していた実例の紹介

医薬品通販のデメリットとしてあげられる偽物の流出ですが、過去には奈良県にてC型肝炎治療薬の偽物が流出し、正規ルートではない医薬品の入手ルートが存在することが判明するなど、かなり身近なものとなっています。
偽物は本物に比べ、作りが雑で有効成分がほとんど含まれていなかったりもしました。
特に通販では実物を見ることも、薬剤師さんからの説明を受けることもできないので、偽物に気付かず購入してしまうことがあります。
現在、通販で出回っている医薬品のおよそ半分が偽物と言われています。
よく確認して購入することが大切です。

医薬品は3つの分類に分けることができます。
第三類医薬品、第二類医薬品、第一類医薬品の3つです。
第三類医薬品は服用することで体調に影響があったとしても日常生活に支障を来すには至らないほどのものです。
第二類医薬品は、副作用など安全性上、注意を要するものです。
第一類医薬品は副作用など安全性上、特に注意を要する医薬品です。
第二類医薬品、第一類医薬品は薬剤師さんからの説明や情報提供を聞いて購入することが好ましいですが、通販でも買うことができます。

しかし、第三類医薬品に比べ、副作用などの恐れがあるので、特に注意して購入する必要があります。
医師の処方せんが必要不可欠な医薬品が通販で売られていた場合、それは間違いなく偽物です。
本物の医薬品の写真を使って、偽物を売るなどの巧妙な手口の犯罪も増えています。
自衛だけではどうしようもならないことも少なくありません。
偽物を口にして、健康被害が出てしまっても、使用者の責任となってしまいます。
サイトの信頼度と、処方せんが必要かどうかを調べてから購入することで様々なトラブルを回避することができます。