• ホーム
  • 早漏を治すには亀頭に抵抗力をつける

早漏を治すには亀頭に抵抗力をつける

薬を飲む男性

早漏に悩む男性も多いですが、早漏になるとパートナーとの関係もうまくいかなくなることが多いです。
男性としての自信もなくなるので、ストレスもどんどん溜まる人もいます。
できるだけ早めに早漏を改善することが大事ですが、早漏の治し方としては亀頭に抵抗力をつけることです。
早漏の男性はペニスへの性的な刺激に弱い人が多く、その原因としては仮性包茎があげられます。

日本人の7割の男性が成人した後も仮性包茎のままだと言われていて、その中の半分は早漏に悩んでいます。
仮性包茎が早漏に悩む原因としては、普段は亀頭が皮膚に保護されているので刺激に慣れていないことです。
普段は皮膚に守られている亀頭が、勃起をすることで刺激に敏感になり射精が早くなることでしょう。

他にも早漏になる原因としては、性行為の経験が少ないことです。
特に年齢が若い人は性行為の経験が少ないと、刺激や興奮への抵抗力が少ないのが原因と考えられています。
性行為の経験を積むことが射精を遅くするためのコツですが、若いとなかなか性行為の経験を積むことは難しいです。
彼女や奥さんがいないので、どうしても性行為の経験が少ないという人は、外部からの刺激に強くなり、抵抗力をしっかりつけることですが、日常的にペニスへの刺激を与え続けるといいでしょう。

仮性包茎の場合は、皮膚が亀頭を覆っているので日常的刺激を受けにくくなっています。
亀頭を日常的にむいてやり亀頭が刺激を受けやすくするといいでしょう。
最初は刺激に敏感になってしまい、日常生活にも支障がでることもありますが、毎日続ければ次第に亀頭に刺激に対する抵抗力がついてくるので、過敏性早漏が改善されます。

パートナーがいる人は、パートナーに協力してもらい亀頭に抵抗力をつけるといいでしょう。
簡単にむけないような包茎の場合は、病院に行き医師に相談してみるといいでしょう。
自分で無理矢理皮をむこうとすると皮膚を傷つけたり、雑菌がペニスに入りこむので注意が必要です。

亀頭に抵抗力をつける亀頭オナニーのやり方

彼女や奥さんがいる男性は、彼女や奥さんにサポートしてもらえますが、彼女や奥さんがいない男性はオナニーによる早漏の治し方が有効です。
仮性包茎の男性は過敏性包茎のことが多く、自分の手でしっかり皮をむくといいでしょう。

亀頭のみを使ったオナニーも早漏改善の効果が高いです、やり方は亀頭にローションを塗り刺激が伝わりすぎないようにしてから、自分の指で亀頭に刺激を与えていきます。
次第に慣れたらローションを洗い流しオナニーを続けるといいでしょう。
射精をしそうになったら手の動きを止め亀頭を圧迫して射精をこらえるといいでしょう。
射精感が薄れてきたら再び亀頭を刺激してオナニーをおこなう行為を繰り返すと、かなり高い確率で過敏性早漏を改善できます。

どうしても抵抗力をつけたいからと、亀頭に強い刺激を与え続ける人もいますが、あまり強い刺激を与え続けると亀頭を傷つけてしまい他の病気に苦しむことになるので、注意が必要です。
包茎の人はパンツの中で常に亀頭をだす状態にしておくと自然に抵抗力がついてきます。

他にも亀頭に抵抗力をつける方法としては、お風呂から上がったらタオルで丁寧にペニスを拭き取り、ペニス全体をマッサージする方法が有効です。
この時は強く刺激するのではなく、ペニス全体を揉みほぐすようにマッサージするといいでしょう。
このような刺激になれてきたらお風呂上り以外でもペニスのマッサージをすることが大事です。

人によっては亀頭を刺激して抵抗力をつけても効果がでにくい人もいますが、そういう人は塗るタイプの早漏防止薬を使うといいでしょう。
早漏防止薬を塗ることで、亀頭への刺激を伝わりにくくできるので、セックスをする前にこっそり塗っておくと、パートナーに早漏だと気づかれずにセックスができます。