心配している男性

早漏(Premature Ejaculation:PE)は男性にとって非常に重要な問題で、性行為においてパートナーの女性を十分に満足させることが出来ないとなればそれだけでプライドが傷つけられることがあります。
もちろん、人それぞれでケースは異なるものの、早漏は症状が重ければ重いほど、対策は早いに越したことはありません。
それこそ、パートナーである女性にまで支障が出てしまう前に、そして勃起しないという症状だけでなく射精しないなどの射精障害を誘発する前に、早め早めの対策がカギとなります。
こうした早漏の治し方には薬を使った方法がベストです。
体の機能を正常なものにしていくことで、着実に症状を抑えることができます。
また心因性の場合でも体質的な問題が引き金となっている場合でも、男性器の機能が改善されることで症状は改善されていくわけです。

プリリジーの副作用について

早漏(PE)の治療薬として用いられる薬にプリリジーというものがあります。
このプリリジーは日本ではいまだ承認されてはいないものの、海外では積極的に用いられているPE治療薬です。
具体的な効果としては、脳内物質の分泌を促し、興奮状態をより長く持続することで早漏の症状を防いでいくことができます。

そもそも、男性の身体では視覚や聴覚、触覚から得た刺激によって興奮物質が分泌されることになります。
この興奮物質の名前はノルアドレナリン、所謂性的興奮を司る脳内物質です。
このノルアドレナリンが神経を通して男性器に伝わり、血管が拡張され血流が促進していきます。
これが男性器が勃起した状態となるわけです。

射精に至るまでこの勃起の状態は持続され、男性器からの性的刺激がより強くなっていきます。
早漏の人の場合、この性的刺激が強いことに加え、脳内で分泌されるノルアドレナリンの分泌が過剰になることで必要以上に興奮してしまうことになります。
結果、性的に刺激に過敏になりすぎてしまい早漏の症状が引き起こされます。

プリリジーはこの性的興奮を司るノルアドレナリンの分泌を抑制していく効果があります。
プリリジーは、体の中に取り入れることで脳内物質の一つであるセロトニンの量を増やしていきます。
分泌を促すだけでなく、末梢神経での再吸収を防ぐ効果があるため、脳内のセロトニンの量を一定に保つことが出来るわけです。

このセロトニンがノルアドレナリンの過剰分泌を抑制、つまり興奮を抑える役目を果たしてくれます。
性行為の際にこのセロトニンの量が多すぎてしまうと、途中で萎えてしまうのではと思われる人もいるかもしれませんが、早漏治療で用いられるプリリジーに関してはその心配はいりません。
あくまで早漏の症状を抑える程度の分量が成分として含まれているため、射精時間を通常の2倍から3倍程度にまで伸ばすことが可能になります。

早漏の治し方のひとつとしておすすめのプリリジーですが、効果が高ければ副作用もその分多くなるのではと不安に感じる人もいるでしょう。
確かに、医薬品において効果の高さは副作用の強さと比例することが珍しくありません。
ただ、プリリジーの場合にはそうではありません。

PE治療薬のプリリジーは、中でも副作用が少ない治療薬として知られています。
服用した人の中で副作用の症状を訴えるのはその約1割程度です。
しかも、重篤な副作用の症状はあらわれにくく、その多くが頭痛やめまい、下痢や嘔吐などの軽度の症状を訴えることになります。
もちろん、副作用の現れ方には個人差がありますし、体調の良し悪しによっても変わってくることがあります。
とはいえ、重篤な副作用があらわれにくいという点は安全性を重視する人にとってはうれしいメリットとなっていきます。

プリリジーのようにPE治療薬として用いる医薬品は継続的に服用する機会があります。
性行為のたびにその1,2時間前に服用することで初めて効果が得られるため、人によっては毎回プリリジーを服用することもあるかもしれません。
もちろん、効果の強い医薬品なので、連続での服用は危険な場合もありますが、正しい服用方法で飲む分には継続利用も決して悪い話ではありません。
寧ろそれで早漏の症状が改善され、男性側だけでなくパートナーである女性側も満足することができるというのであれば、利用するに越したことはありません。
また、早漏にお悩みの男性のなかには同時にEDの悩みを抱えている人もすくなくありません。
そういった人にはプリリジーとバイアグラの成分が融合されているスーパーPフォースとった治療薬も活用できますので覚えておくと良いでしょう。

まずはプリリジーの正確な効果について知識を身に着けていくことから始めていきましょう。
いくら安全性が高いとは言っても、やはり医薬品ということで副作用があらわれること、時に注意が必要になってくる点もしっかり押さえておくのがおすすめです。
副作用は先にも挙げたように軽度のものが多いですが、あまりに長く続く場合、重症化してしまった場合には早急に医師に相談し対応を考えていくのがベストになってきます。

プリリジーと飲み合わせてはいけない薬はある?

プリリジーはダポキセチンという成分が主に作用することで早漏の症状を解消していくことが出来ます。
ダポキセチンには先に挙げたように、セロトニンの量を一定に保つ効果があり、性的興奮をより長い時間維持させることができます。
脳内物質の分泌に影響するこのダポキセチンは時に、抗うつ薬としても用いられるもので幅広い目的で活用されています。

ダポキセチンは飲み合わせに注意しなければいけない成分でもあるため、プリリジーを服用する際にも注意しなければいけません。
例えば、セロトニンの分泌を変化させる効果のある抗うつ薬、その他の医薬品に関しては一緒に服用することでダポキセチンが十分な効果を発揮できなくなることも考えられます。
むしろ、禁忌として分類されている飲み合わせもあるため、事前の確認は必須となります。

こういったプリリジーと飲み合わせの悪い医薬品はその服用中だけ避ければいいというものではありません。
薬の成分が身体の中にまだ残っている状態であれば、同じように症状を引き起こす恐れもあるため、少なくともプリリジーを服用する2週間前までの服用歴はチェックしていく必要があります。
もちろん、素人ではその良し悪しを判断すること自体が難しくなってきますが、これも医師や薬剤師にその都度相談していくことで解決することができます。

プリリジー、ダポキセチンは抗うつ薬など元々の効果が似ている薬と飲み合わせが悪いということ、時に一緒に服用することで体に大きな負担がかかることがあるということ、この二つはしっかり押さえておくことをおすすめします。
プリリジーに限ったことではありませんが、医薬品は飲み合わせの悪いものを一緒に服用することで、副作用の症状が顕著にあらわれてしまったり、それが重症化してしまうケースが少なからず出てきます。
プリリジーの場合には、飲み合わせによって安全性まで損なわれてしまう可能性があるため、より一層の注意が必要になってくるというわけです。

元々、プリリジーは飲食の内容に関係なく服用することができるとされています。
それこそ空腹時であっても、さらには脂っこいものをとった後でも変わらず効果を発揮していくことができるわけです。
ただ、注意が必要になってくるケースももちろんあります。
それは飲酒に関してです。
医薬品を服用する際、お酒を飲むことで血行が良くなり、薬の成分が必要以上に体全体に回ってしまうことがあります。
プリリジーの場合もそれは同様で、お酒を飲むことで副作用があらわれやすくなったり、あるいは体調不良を引き起こしてしまう恐れも出てきます。
プリリジーなどのPE治療薬を用いる場合にはできるだけお酒は控えるようにすること、飲食や飲酒のタイミングと服用のタイミングとをうまく調整していくことが大切になってきます。

プリリジーは先に挙げたように、性行為を行う1時間から2時間前程度に服用するのがベストになってきます。
このタイミングで服用をすれば、性行為の際にその効果を実感しやすくなります。
また、プリリジーはその持続時間が2時間から5時間ほどとされています。
つまりこの時間内であれば変わらず効果を得られるということ、服用の際にはこの時間を考慮していくとうまく活用していくことが出来ます。

プリリジーは早漏の人には高い効果が期待できますが、そうでない人にはどんな結果があらわれるのか調査結果が未だ出ていません。
とはいえ、プリリジーを飲み始めて1か月間がたっても十分な効果を得られないという場合、体質に合っていない可能性もあるためまずは服用を中止するのがおすすめです。
必要に応じて別のPE治療薬を試してみるなど、その都度自分に合った対処をしていくことで早漏の悩みをいち早く解決していくことが出来るわけです。
つらい悩みだからこそ、遠くまで見通した迅速な対応がカギとなります。

プリリジーの成分ダポキセチンについて

プリリジーに含まれる成分、ダポキセチンは先に述べたように、男性が興奮したときに脳内で分泌されるノルアドレナリンの過剰分泌を抑えることができます。
脳内での反応に直に反応していくことが出来るため、男性器の勃起や射精など、機能的に問題がない人におすすめの治し方となってきます。

ダポキセチンの安全性について、人によっては不安に感じる人もいるかもしれませんが、実際にはさほど心配する必要はありません。
先にも挙げたように、プリリジーは日本では認可されていない薬ではありますが、ヨーロッパを中心に需要は高まっていますし、それこそ今後は日本でもその活躍が期待されています。

こうしたプリリジーの効果を実際に実感してみたいという場合にはまず、日本では購入することが出来ない薬となるため、個人輸入のサービスを利用していくのがおすすめです。
個人輸入という形で海外で販売されている薬を購入すれば、日本国内でもプリリジーを服用することができるようになります。
もちろん、個人輸入で購入した医薬品は個人で使用するのが目的、最終的には自己責任で服用することになります。

海外の薬となれば安全性を疑問視する人も中にはいるでしょうが、これに関しても心配はいりません。
海外で作られている医薬品の多くは、実際に日本でも処方されているものばかりです。
プリリジーに関してはそれには当てはまりませんが、それでも実際に多くの人が服用して、副作用が少ないことが結果として残っています。
もちろん、重篤な副作用があらわれた場合、明らかに体質に合わない場合には服用を控えるに越したことはありませんが、安全性に関しては十分に確保されていると考えてもいいでしょう。

こうした個人輸入という形で医薬品を購入する場合、ポイントとなるのは利用する通販サイトです。
豊富な種類の医薬品を取り扱っている「あんしん通販マート」ですと、キャンペーンやポイント還元などを行っていますし、サイトとして信頼できるので医薬品を通販してみるとよろしいです。
通販サイトによっては悪質なサービスを提供するところもあり、時にプリリジーではなく偽物の錠剤を商品に紛れ込ませているというケースも出てきます。
もちろん、すべての通販サイトがそうというわけではないものの、偽物を間違って服用してしまえば、早漏治療の効果を十分に得ることはできません。
偽物の錠剤の質によっては不純物が多く含まれているものもあるため、時に体調に支障をきたしてしまうことも考えられます。

安全性がある通販サイトの見分け方は?

安全性の高い医薬品、偽物ではなく正規品の錠剤を取り扱っている通販サイトを見極めていくこと、これが早漏の治し方の第一のポイントとなります。
具体的な方法としては、商品の価格が極端に安いところは疑いの目を向けるようにしましょう。
明らかにおかしな価格設定の通販サイトは偽物を取り扱っている可能性が高くなります。
また、会社概要やサービス詳細に関する記載がない通販サイトも注意が必要です。

荷物の発送が遅かったり、あるいはアフターフォローが行き届いていないなど、個人輸入のサービスを利用する際にはこうした悪質なサイトを見極めて避けることが大切になってきます。
プリリジー、ダポキセチンは早漏の治し方の一つとして非常に有効な手段です。
その為、その効果をしっかりと実感していくためにはまず、正規品を正しいルートで入手することが第一となってくるわけです。

その為にもまず、通販サイトの見極めは徹底していくことです。
先に挙げたいくつかのポイントを踏まえた上で、自分で前もって通販サイトの精査をしていきましょう。
口コミサイトでの評価が高いところ、あるいは純粋に売り上げ自体が多いサイトであればそれだけリピート率が高いということがわかります。
それだけ信用度も高まるので、プリリジーを個人で購入して使用していきたいという場合には参考にしてみるといいでしょう。
プリリジーの効果を実感して、男性特有の早漏の悩みをいち早く解決していくこと、ストレスのない性生活のためにしっかりと準備していきましょう。